IT企業を経営していますが、このところは景気も回復傾向にあることからとても順調に業績を伸ばすことができています。
仕事はまさに順風満帆であり不安を覚えるような事もなくなってきているのですが、それとは裏腹に家庭内のぎくしゃくがとうとう頂点に達してしまいました。
もともと妻と関係が悪化していた事もあって、離婚を前提とした別居をすることになってしまいました。
この事がきっかけとなって、以前から興味を持っていた愛人が欲しいという気持ちが強まるばかりになっていったのです。
月に何度か関係を持つことができる愛人を囲ってみたい、その考えは以前から持っていました。
妻との別居もありますし業績も伸びている事もあって、そろそろ関係を作れる女性でも見つけてみようという気持ちを強めていたのです。
IT企業を経営している仲間と情報交換を兼ねた飲み会を定期的に開催しています。
基本的には飲んで騒ぐだけの集まりですが、貴重な情報も手にできることからよく出席して楽しんでいます。
妻と別居になってしまった話を愚痴ると、経営者仲間から思わぬ反応が現れました。
丁度いい機会だから、愛人でも探してみたらどうだ?というのです。
経営者仲間の1人が、現在は愛人契約をしている若い女性がいると話てきたのです。
何でも23歳のキャバ嬢をネットで見つけて囲うことに成功したと話ていました。
この話にはかなり関心を持ってしまって、自分も以前から考えていた愛人契約にそろそろ乗り出してみようかという気持ちになってきました。
彼の話では、インターネットの中にはパパ募集を考えている女性たちが多数いるというのです。
インターネットを利用していく事で、自分が考えている関係を作ることは難しくないとうそぶいていました。
確かにインターネットという世界だったら、その匿名性を生かして日頃は口に出しにくい関係も探すことが可能でしょう。

女性だったらなおさらその傾向は強いはずです。
自分自身で愛人募集をして、囲うことが可能な若い女性を見つけてみたいと考えました。

 

 経営者仲間はインターネットを使って関係を持つことができる女性を探すことに成功したと話ていました。
自分自身も別居という事もあり、以前から興味があった愛人契約のために相手の探し方を詳しく彼から聞いてみようと思いました。

 

愛人契約する際に参考にした体験談
愛人契約までの茨の道程【30歳を過ぎた未婚OLが掴んだ幸せ】

 

 

名前:聡
性別:男性
年齢:44歳
プロフィール:
 会社の経営も順調になり、ここのところは業績も伸びています。
しかしそれに反して妻との関係が悪化してしまって別居状態となってしまいました。
かねてから愛人が欲しいという気持ちを持っていましたから、契約ができる女性を探したいという気持ちを強めていました。