飲み会から1週間程度経過して、やっと時間を作ることができて愛人を作ることに成功した仲間と会うことができました。
その日は安い居酒屋を使って酒を飲みながら、彼の相手の探し方を教えてもらおうと思っていました。
この男に愛人契約ができるのだから、自分もかなりの可能性を秘めているに違いないと思っていました。
インターネットを使ったという事ですが、その具体的な方法をどうしても知りたくて仕方がありません。
妻と別居して一人暮らしをしていますから、精神的な部分の癒やしも欲しい気持ちもありました。
できれば自分も若い女性と知り合って、2人だけの関係を満喫したいと言う気持ちはかなり強くなっていたのです。
経営者仲間と居酒屋に入って生ビールで乾杯、先日の話を詳しく聞くことにしていきました。
「どうやって囲うことができる相手をみつける事ができたんだ?」
「この前言った通り、インターネットを利用したんだよ!
インターネットだったら匿名性が高いから、女もパパ募集をしやすくなっているんだよな。
インターネットの中だと、サポートを受けたいと思っている女たちはかなりいるから、結構な確率で知り合うことができるって考えていいよ」
やはりインターネットという匿名性の世界だから、女性も安心して出会いを探すことができるようです。
現実の世界では噂がたってしまう事もあるでしょうが、インターネットの世界だった誰にも知られず出会いを探すことが可能なのですから。
「インターネットでなにを使ったのさ?掲示板とかか?」
「いやいや、無料の掲示板なんて危なくて使えたもんじゃないって!
昔セフレ探そうと思って無料の掲示板を使ってみたらだ、ネカマとかデリヘルの業者だとか、あと美人局なんていうのもあったよ」

「そんなひどい被害に遭ってしまうのか?」
「これが結構な確率であるわけだよなぁ、だから掲示板なんかダメ」
絶対使ってはいけない無料の愛人募集掲示板の被害報告を聞いて震えがくるような気持ちになってしまいました。