30代の頃から愛人という関係を作ってみたい、こんな気持ちを持ち続けていました。
まだその頃は会社経営が軌道になっていなかったこともあって、それを実行に移すという事はできませんでした。
ここのところは業績は伸びるばかりでかなり落ち着いてきたこともあったし、もともと仲の悪かった妻との関係もさらに悪化してきましたから、愛人という関係を作って思いっきり楽しみたいとは思っていました。
ただ、性的な快楽を楽しむばかりではなく、心の癒やしの部分ももたらしてくれるような、そんな女性を見つけたいと思っていたのです。
愛人というような関係は当然リアルな世界で気軽に作れるものでもありません。
実際にこういった関係を作ったことがありませんから、どのようにアプローチしていけば良いかもよくわかっていませんでした。
そんな頃に経営者仲間の飲み会で、思わぬ話が飛び出してきました。
同い年の仲間がいるのですが、彼に愛人ができたというのです。
若い女性をなんでも毎月50万円支払って愛人契約していると話し出したのでした。
周囲の仲間もこれには驚いてしまっているようでした。
彼はかなり太った男で、女性からモテるといったことのないタイプだったのです。
しかし、手当を支払うことで関係を作ることに成功しているというのです。
この男に相手を見つけられるんなら、自分にだって見つけられる可能性が高いじゃないかと思ってしまいました。
彼はインターネットを使うことで、若いキャバ嬢と知り合って高額な手当で関係を満喫中と嬉々として話してくるのです。
仕事も順調ですから私も高額な手当を出すことは可能です。
これだけ太った男にも若い女性を見つけられることができるのだから、自分もその方法を聞き出して関係を楽しんでみようかと思いました。

方法さえ分れば、囲うことが可能な女性と知り合い契約をすることだって可能なのですから。